ネット番組で菅氏と対談 山本知事 就任後初の生放送臨む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネット番組で菅官房長官と語り合う山本知事(左)=19日午後、高崎市(代表撮影)

 山本一太知事は19日、群馬県高崎市内のスタジオに菅義偉官房長官を招き、インターネット番組「直滑降ストリームin群馬」の生放送に臨んだ。参院議員時代から定期的に放送してきたが、知事就任後は初。群馬県の観光や農産物、危機管理などについて意見を交わし、県政のリーダーとなった山本氏に菅氏がエールを送る場面もあった。

 対談は、菅氏に伊香保名物の水沢うどんを味わってもらう演出からスタート。リラックスした雰囲気の中で、約30分にわたって語り合った。

 観光振興について、菅氏は訪日外国人旅行者を呼び込むための4条件として気候、自然、文化、食を挙げながら「群馬は極めて可能性が高い」と強調。山本氏に対し「海外に目を向けるなどトップセールスを頑張ってほしい」と期待した。

 番組は山本氏が企画、進行しており、放送は約4カ月ぶり。今後は本県の現状や課題、未来をテーマに月1回ペースで放送する予定で、現職閣僚らもゲストとして招く方針。

 山本氏は「知事に当選しても必ず再開するという約束を果たす日が、ようやくやって来た。これから新しいバージョンで放送していく」と視聴者に語り掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事