“群馬の味”を羽田で 花山うどんが来春 空港直結施設に出店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
来春開業する花山うどん羽田国際空港店の店内イメージ

 群馬県の製麺業、花山うどん(館林市本町、橋田三造社長)は、2020年4月に開業する羽田空港直結のホテル商業複合大型施設(東京都大田区)に飲食店を出店する。東京五輪に向け、利用客の増加を見込む国際線のターミナルと連結した建物内の店舗で“群馬の味”を提供し、訪日外国人や帰国直後の邦人需要を取り込む。

 出店するのは、空港に隣接する4万3000平方メートルの敷地に建築中の、12階建て延べ床面積9万1700平方メートルの施設。1階の飲食店街に、店舗面積約100平方メートルの「羽田国際空港店」を出す。40席の飲食スペースと調理室、物販ブースを置く。同社は9月に内装工事に着手する予定で、壁に群馬県の形に由来するツルの絵や、館林市の観光資源ツツジを描き、地域をPRする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事