伊勢崎の特産を売り込め 麺や蔵人と千吉良機工がニラ餃子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「風味が際立つ『ニラ3倍』がお薦め」と話す内野代表(左)と千吉良社長

 ラーメン店の麺や蔵人(群馬県伊勢崎市太田町、内野公義代表)と機械工具販売の千吉良機工(同市連取町、千吉良勝美社長)は、共同開発で「伊勢崎ニラ餃子ギョーザ」を商品化した。同店のメニューに加え、地域特産の農産物をアピールする。

 市内で生産が盛んなニラを使い、キャベツやネギと組み合わせた。金星食品(太田市)が製造する。スタンダードは6個入り税抜き324円。ニラを増量した「ニラ3倍」や「ニラ3倍辛口」などは数量限定で取り扱う。いずれも同385円。冷凍の持ち帰り用もあり、スタンダードは50個入り税抜き2000円、ニラ3倍とニラ3倍辛口は20個入り同1000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事