群馬DC売り込め 自治体や観光協会 都内で旅行代理店と商談会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県内観光資源の魅力を旅行エージェントにPRした商談会

 来年4~6月の大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」を見据えた首都圏観光商談会(ググっとぐんま観光宣伝推進協議会主催)が2日、東京都内で開かれた。県内の自治体や観光協会などが連携し、観光地としての本県の魅力を旅行エージェントに売り込んだ。

 主催者によると、都内での観光商談会は初めて。DCに向けた観光商品づくりに結び付けるため、旅行代理店側と群馬県側から参加した各33チームが時間制で商談を行い、需要と供給のマッチングを図った。商談会は9日も実施される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事