県9月補正予算案 “山本流”前面に 「新たな胎動予算」44.5億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
9月補正予算案の概要を説明する山本知事
 
 

 山本一太群馬県知事は10日、総額44億5700万円の本年度一般会計9月補正予算案を発表した。魅力発信のための動画スタジオ整備に約1億1700万円を充てるほか、日本を代表する経済人や有識者らに群馬県の将来展望を議論してもらう「群馬サミット」(仮称)の開催に向けた費用も計上。インターネットを駆使したインバウンド(訪日外国人客)誘客促進策への経費も盛り込むなど、“山本流”を前面に押し出した編成となった。

 7月の知事就任以降、初めて補正予算案を編成した山本知事は、同日の定例会見で概要を説明。厳しい財政状況の中で喫緊の課題に対応する基本方針を示しながら「県民の幸福度を向上させ、県民の新たなプライドをつくっていくために、早急に取り組むべき事業を中心に予算措置することとした」と述べた。

 主要事業を (1)県民の新たな誇りの醸成 (2)新たな群馬モデル構築 (3)安心を支える社会基盤整備 (4)その他―に分けて整理した。会員制交流サイト(SNS)を活用し、県の魅力発信を県民に協力してもらう「群馬ブランド応援びと」(仮称)の導入検討など、各種施策の本格実施を見据えて調査費をちりばめたのも特徴で、山本知事は「何かが始まる予算、新たな胎動予算」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事