《ぐんま再発見》前橋発の発酵食文化 旅誘う 観光ツアー好評
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 地域の魅力発信につなげようと、群馬県の前橋観光コンベンション協会(曽我孝之理事長)が「発酵」をテーマにしたツアーを企画し、本格的に動きだした。前橋市内の店舗を巡り、焼きまんじゅうや生ハム、納豆、日本酒といった発酵食品の製造体験や試食ができるのが特徴。「まえばし発酵めぐりの旅」として6月に初めて行い、8月にも実施した。赤城神社や臨江閣、敷島公園門倉テクノばら園など定番の観光地巡りとは一線を画した新たな取り組みだ。

■上々のスタート
 「市内の観光地や銘品の紹介ばかりではいずれ行き詰まる。そこで、前橋らしさって何だろうと、今回の企画を考え出した」。同協会観光推進課の藤田朱美係長は、「発酵ツアー」を生み出すに至った経緯を説明する。

 参加者アンケートでは、9割以上が「満足」、全員が「知人に勧める」と回答するなど、上々のスタートを切ったと言えそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事