中国のインフルエンサー 知事に観光提案 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山本知事(右)を表敬訪問した一行

 中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」で閲覧数の多い投稿者のインフルエンサーらが30日、群馬県庁の山本一太知事を表敬訪問し、県内の観光地を視察した感想を伝えた。マスコットキャラクターを好む中国人向けに「ぐんまちゃん」を積極的に活用することや、榛名山麓などを舞台にした人気漫画「頭文字(イニシャル)D」を組み込んだ温泉ツアーなどを提案した。

 微博社員を含む11人が訪問。山本知事は「群馬県の魅力をどう発信してよいのか知恵を借りたい」と出迎えた。

 出席者は熊本県のキャラクター「くまモン」の人気に触れ、「くまモンのようにもっとアクティブに」などと意見を出した。温泉ツアーでは、中国で知られている頭文字Dや「名探偵コナン」の登場人物「群馬県警 山村ミサオ警部」を引き合いに、漫画の舞台と関連付けて注目度を高めるよう助言した。

 県が微博と連携してインフルエンサー9人を招き、9月27日から県内を巡った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事