介護に学生受け入れ 綜合プランニングとベトナム・ドンア大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 介護人材不足が課題となる中、教育事業などを手掛ける綜合プランニング(前橋市表町、平尾真一社長)は介護福祉士を目指す海外の学生らの受け入れを支援するため、ベトナムのドンア大と介護分野に関する覚書を結んだ。大学が推薦するインターンシップ(就業体験)の学生の受け入れ窓口となり、県内の介護施設に送り込む仕組みをつくる。早ければ来春から受け入れる。

 インターンとして同大看護学部の学生を受け入れる。研修先の介護施設は、学生が通う日本語学校の学費や滞在費などを支援する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事