SUBARU群馬製作所 25日に生産再開 台風で資材調達困難に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県に国内唯一の自動車生産拠点を置くSUBARU(スバル、東京都)の中村知美社長は23日、台風19号の影響で16日から車体生産を停止している群馬製作所(太田市、大泉町)の操業を25日に再開すると明らかにした。東京モーターショーの会場で記者団の取材に応じた。

 同社は取引先の浸水被害によって部品調達に支障が生じたため、一部の工程を除き群馬製作所の操業を止めている。中村社長は複数の取引先が被災していると説明した上で「いきなりフル稼働はできない。部品の納入具合によっては操業時間を短縮することも検討している」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事