群馬銀行が環境債を発行 来月、全国地銀で初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬銀行(前橋市元総社町、深井彰彦頭取)は24日、環境対策に必要な資金を調達する環境債(グリーンボンド)を11月に全国の地方銀行で初めて発行すると発表した。発行額は100億円。環境に配慮した債券として、低利で調達できる可能性がある。

 調達した資金は、再生可能エネルギー関連施設の設置や電気自動車(EV)の導入、省エネ基準を満たした建物の建設など、環境の向上に役立つ事業に取り組む企業などに融資する。同行の事業にも活用する。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事