アプリでタクシー配車 ディディ 13日、群馬県でも利用開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 スマートフォンアプリを活用したタクシー配車サービスを提供するDiDi(ディディ)モビリティジャパン(東京都千代田区、シュ・ケイシ社長)は11日、群馬エリアでのサービス運営を13日に開始すると発表した。国内での利用可能地域は17番目で、観光客や地域住民の需要を取り込む。

 専用アプリで目的地を入力すると、衛星利用測位システム(GPS)で特定した利用者の現在地までタクシーが迎えに来る。11日時点で提携するのは県都第一交通(前橋市)、コウヨウタクシー、シンセイタクシー、高崎第一交通(いずれも高崎市)の4社。前橋、高崎両市を含む14市町村で利用できる。

 DiDiモビリティジャパンは「群馬はバスの運行が少ない地域。温泉巡りや山登りを楽しむ国内外の観光客に活用してもらいたい」としている。

 23日までの金・土曜に限り、初乗り相当料金の600円を割り引くキャンペーンを実施する予定。

 同社は中国配車大手の滴滴出行(ディディチューシン)とソフトバンクが出資して2018年6月に設立。9月から配車サービスを始め、現在は東京や大阪、北海道などで展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事