日本トーターなど4社に優先交渉権 前橋競輪の民間委託
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ヤマダグリーンドーム前橋で実施している競輪事業の民間委託で、前橋市は13日、日本トーター(東京都港区)を代表とする4社を委託先の優先交渉権者に決定したと発表した。

 日本トーター以外の3社は、市内に本社を置く関東プロスポーツ通信社、ティーネットエンタープライズの2社と、山口シネマ(東京都千代田区)。12月中に契約し、来年4月から委託する。委託期間は2026年3月までの6年間。委託料は車券総売上額の4.1%。試算による6年間の車券売上額は計1000億円余りで、業務委託料は48億3000万円を見込む。市一般会計への繰り入れは、現状の2億円を維持できると想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事