コジマ×ビックカメラ スマーク伊勢崎に出店 12月下旬オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 家電量販店のコジマ(宇都宮市)がスマーク伊勢崎(群馬県伊勢崎市西小保方町)内に出店することが14日、分かった。親会社のビックカメラ(東京都)との連名店「コジマ×ビックカメラ」で、伊勢崎店(同市韮塚町)を移転させ、12月下旬に開業する。家族層向けに新たに玩具やゲームを販売するなど、品ぞろえを充実させる。

 新店舗は、3月にスマーク3階で開業した映画館「MOVIX伊勢崎」隣の大型ゲームセンター跡に入居する。店舗面積は約2000平方メートルで伊勢崎店(約2400平方メートル)より縮小されるが、若い世代向けの商品を充実させてアイテム数を増やすという。

 スマークは幅広い世代が楽しめるモールにするため店舗の入れ替えを進めており、10月には3階にアミューズメントスペース「セガ スマーク伊勢崎」を開業させた。来春には1階に大型スーパーも開店させる計画だ。

 「コジマ×ビックカメラ」の県内出店は、高崎店(高崎市緑町)に続いて2店舗目。担当者は「新しい商品もそろえ、今まで利用していた顧客も、より買い物がしやすい店舗にしていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事