被災地へガスを供給 太田で充填所稼働訓練
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
配管の安全を確認する日東燃料工業の従業員

 被災地にLPガスを安定供給するための拠点「災害時対応中核充填(じゅうてん)所」の稼働訓練が15日、太田市内で実施された。ガス事業者や行政関係者ら70人が、有事の際の迅速なエネルギー供給手段を確認した。

 震度6強の地震で市内全域が停電した事態を想定し、日東燃料工業(東京都足立区、赤津正弥社長)の群馬ガスセンター(同市新田木崎町)で訓練した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事