サンデンHD 希望退職215人応募 世界で生産体制見直し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 自動車部品製造のサンデンホールディングス(HD、群馬県伊勢崎市寿町、西勝也社長)は18日、人材の構造改革に伴い募集した希望退職に215人が応募したと発表した。応募者は30日付で退職する。流通システム事業のサンデン・リテールシステム(RS)を10月に売却するなど事業再編を進めており、全世界で生産体制を見直す。

 希望退職者の対象は国内のグループ7社計約2200人で、10月25日~11月8日に200人程度を募集した。希望退職の募集は09年の300人、16年の200人に続いて3回目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事