AIでバーチャル試着も JINSが渋谷パルコ新店オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
画面右下に置いた眼鏡を掛けた顔が画面上に現れ、似合い度も表示される=JINS渋谷パルコ店
限定商品や先行販売品を扱う期間限定ショップ

 眼鏡チェーン店「JINS」を展開する群馬県のジンズ(前橋市川原町、田中仁CEO)は19日、建て替えを終えて22日にオープンする「渋谷パルコ」(東京都渋谷区)5階に出店する新店舗の報道関係者向け内覧会を開いた。人工知能(AI)を使って自分の眼鏡を掛けたまま店舗内の商品をバーチャル画面上で試着し、「似合い度」を判定できる新サービスを導入した。

 店内3カ所のバーチャル試着コーナーに試着したい商品を置くと、画面上で自分が現在使っている眼鏡が消え、商品を着けた顔が表示される。さらに約30万件の眼鏡着用データから学習したAIを用いた「JINS BRAIN機能」で似合い度を点数表示する。

 普段、視力矯正用の眼鏡を掛けている人は試着時に眼鏡を外すため、自分の顔が見えづらくなってしまう悩みを解決しようと導入した。

 このほか同社のスマートフォン用アプリなどに医師の処方箋のデータを事前登録しておくと、スマホをかざすだけでQRコード決済により1日使い捨てコンタクトレンズを購入できる自動販売機サービスも初めて導入した。

 渋谷パルコ5階がファッションとテクノロジーを掛け合わせた先進的な売り場「ネクスト・トーキョー」をテーマとしていることに合わせ、次世代型店舗として出店した。両サービスの群馬を含めた他店舗への展開は今後検討する。

◎エスティーカンパニーも期間限定店 来月4日まで
 桐生、高崎両市に衣料品、雑貨などのセレクトショップを展開するエスティーカンパニー(桐生市川岸町、環敏夫社長)は19日、渋谷パルコ1階に12月4日まで出店する期間限定ショップの報道陣向け内覧会を開いた。

 エイトン、グラフペーパーのダブルネームの限定パーカー、パンツなど国内を中心に7ブランドの商品を取り扱う。来年の春夏商品の先行販売などもある。

 国内ブランドを大切にする姿勢や提案力が評価され、出店の打診を受けたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事