台風対応など271億 被災者支援や道路復旧 県11月補正予算案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 山本一太群馬県知事は19日、271億8600万円を増額する本年度一般会計11月補正予算案を発表した。台風19号関連として、被災者支援や復旧工事などの費用263億9000万円を盛り込んだ。補正後の予算額は総額8018億0300万円となる見通し。26日開会の県議会第3回後期定例会に提案する。

 台風19号関連の予算額は、災害関連としては過去10年で、2014年2月の大雪時に次ぐ規模となる。財源には国庫支出金139億6100万円などを充てる。

 内訳は、被災者支援が2億5600万円、道路や河川の復旧といった公共事業が256億7700万円、県立高4校の復旧工事が2億9600万円など。台風で落ち込んだ観光需要を取り戻すため、観光客の旅行代金を割り引く「ふっこう割」の支援費は1億6100万円で、全額を国が補助する。

 このほか、豚コレラ(CSF)対策では、県内4カ所での消毒を継続するために5400万円を盛り込んだ。

 山本知事は同日、県議会議会運営委員会に補正予算案など計27議案を内示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事