集中できるオフィス ジンズHDのシンク・ラボ 都内で2月開業
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
来年2月に開業する「シンク・ラボ汐留」のイメージ

 群馬県のジンズホールディングス(HD、前橋市川原町、田中仁CEO)の子会社「Think Lab(シンク・ラボ)」(東京都千代田区、同)は2日、科学的に集中しやすい環境を整えたオフィス「シンク・ラボ」の新たなモデルを来年2月に都内で開業すると発表した。個人向けとして今後、複数箇所で展開するほか、集中しやすいオフィスを外部企業に設置する事業も加速させる。

 ジンズHDは2017年12月、シンク・ラボ飯田橋(同千代田区)を開設。外部から入室した際に頭を切り替えやすいように薄暗い「参道」を通り、緑あふれるオフィスにつながる構造にした。椅子や机は、創造的思考や論理的思考など考える物事によって目線や座り方を変えられ、集中しやすくなる要素を随所に取り入れた。2月に開業するシンク・ラボ汐留(同港区)は周辺企業の社員の利用を想定し、ブース型にする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事