町長不信任決議案 提出した町議を懲罰 草津町議会 議員が陳謝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 事実と異なる内容を電子書籍に掲載され名誉を傷つけられたとして、群馬県草津町の黒岩信忠町長が新井祥子元町議らを告訴している問題に絡み、草津町議会は6日、2日の本会議で新井元町議とともに黒岩町長への不信任決議案を提出した中沢康治町議(85)に陳謝を求める懲罰を可決した。中沢町議は議場で陳謝文を読み上げた。

 中沢町議は、審議の際に「(新井元町議の告白は)実際にあったことではないと絶対に書けない」「町長は町長室以外でも関係を持ったのか」などと発言。懲罰特別委員会では、これらの発言は「他人の私生活に関する議論を禁じた地方自治法132条に違反する」などとして、陳謝に相当すると判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事