バス運行状況や位置 ネットで確認 前橋で実証実験始まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
実証実験で使われている案内画面のイメージ

 路線バスの利便性向上に向け、群馬県は運行状況を利用者がインターネット上などで確認できる「バスロケーションシステム」の実証実験を前橋市内で始めた。前橋赤十字病院(同市朝倉町)に乗り入れる路線を中心とする7路線が対象。実験は来年3月末までの予定で、利用者からの要望や意見を集約して効果を検証し、他地域への展開も視野に、本格導入に向けた課題を探る。

◎スマホやPC、病院にも掲示

 システムは、バスに搭載した衛星利用測位システム(GPS)の情報を基に、利用者がスマートフォン(スマホ)やパソコンなどでバスの位置や出発予定時刻、遅延状況を確認できる仕組み。

 実験では専用サイトを開設。同病院の会計窓口や前橋駅北口に案内画面を設け、スマホを持たない人も情報を把握できるようにした。当面、スマホとパソコンで確認できるのは遅延状況に限られるが、今後、バスの走行位置なども確認できるようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事