草津が5年連続2位 じゃらんの「もう一度行きたい温泉地」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 リクルートライフスタイル(東京都)の観光に関する研究機関「じゃらんリサーチセンター」は10日、「じゃらん人気温泉地ランキング2020」を発表した。「もう一度行きたい温泉地」で群馬県の草津が5年連続で2位になった。1位は14年連続で箱根(神奈川県)だった。

 草津を選んだ理由は「街の雰囲気が好き」が73.0%、「温泉の効能や泉質が気に入っている」が65.8%といずれも6割を超えた。同センターは湯畑周辺で街並みをきれいにする再開発が進むなど、「若い人にも親しまれる取り組みをしていることが影響している」と説明する。

 群馬県関係で50位以内に入ったのは、伊香保が23位、万座が27位、四万が41位、みなかみ18湯が48位で、いずれも順位を上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事