群馬県の食と観光を取引先にPR 群銀東京支店で賀詞交歓会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県のPRブースが開設された群馬銀行東京支店

 群馬銀行(前橋市元総社町、深井彰彦頭取)は6日、東京都中央区の東京支店で開かれた賀詞交歓会に合わせ、群馬県のPRブースを開設した。初日は取引先90社211人が訪れ、県産食品や観光地への理解を深めた。7日まで。

 県政や観光、物産をテーマに三つのブースを設置した。物産PRブースでは生ハムや県のマスコットキャラクター「ぐんまちゃん」をかたどった焼き菓子、バウムクーヘンの試食も行われ、人気を集めた。

 PRブースは同支店ビル4階で午前9時から午後3時まで設ける。

 同支店は2017年から毎年、「地域活性化包括連携協定」を結ぶ自治体のPRブースを開設している。これまでに前橋、桐生、伊勢崎の各市が参加した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事