高崎モントレー 食品フロア改装 16日から休業、春オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
16日から休業する高崎モントレーの1階食品フロア

 JR高崎駅ビルの商業施設、高崎モントレーを運営する高崎ターミナルビル(群馬県高崎市八島町、丸山勝社長)は10日、1階の食品フロアを今春リニューアルオープンするため、16日から同フロアを休業すると発表した。1階のドラッグストア、マツモトキヨシは同日、2階へ移転する。幅広い客層が集まる同店の配置階を上げ、館内全体の回遊性を高める。

 リニューアルオープン日や出店店舗は未定。同社は「近隣居住者や駅利用者にとって使いやすいフードマーケットを目指す」としている。

 マツモトキヨシは約70平方メートル増床。これまで2階は女性向けアパレル中心だったが、同店が入ることで上の階に買い物客が足を運ぶことが期待される。同店は16~19日、移転記念として商品を1割引きで販売するなどのキャンペーンを実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事