キリン一番搾りに群馬DCデザイン缶 3月24日に発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 キリンビール群馬支社(高崎市栄町、小林直人支社長)は、群馬県の自然や温泉などをデザインした「キリン一番搾り生ビール『群馬デスティネーションキャンペーン』デザイン缶」=写真=を、3月24日に県内で発売する。

 4~6月に開催される大型観光企画「群馬デスティネーションキャンペーン(DC)」に向けて本県の魅力を発信する。ラベルには群馬県の山や川、温泉、SLなどをデザインした。

 350ミリリットル缶24本入りケースを6000千ケース限定で製造し、県内の主要小売店で販売する。オープン価格。

 同社は「県民の方々と一体となり、商品の販売を通じてキャンペーンを盛り上げていきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事