SUBARUのEVとHV販売拡大 県内下請け 対応に本腰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見するスバルの中村社長=20日午後、東京都

 SUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)が電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の世界販売台数について長期目標を示した。国内唯一の自動車生産拠点を置く群馬県内には、群馬製作所(太田市、大泉町)周辺に部品を供給する下請けが多く、各社も電動化対応に本腰を入れている。

 内装部品を手掛ける太田市の企業経営者は「技術を磨いて売り込むチャンス」と話す。加工技術に強みがあり、硬くて軽い自社のウレタン製品が金属部品の代替品に活用できるとみて研究を進める。車体部品製造会社の幹部は「重いモーターを支えるには当社が加工した金属部品が最適」と自信をのぞかせる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事