《予算案》館林市 災害体制強化に290億 藤岡市 4年ぶり増額
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

◎3年連続で増額…館林市
 館林市の須藤和臣市長は13日、総額が前年度比2.3%増の290億8000万円となる2020年度一般会計当初予算案を発表した。3年連続の増額で、過去3番目の規模。防災・減災対策に重点配分した。

 防災情報伝達システムを整備し、災害時の情報伝達体制の強化を図る。本年度末に完成する消防庁舎の西側には広域防災拠点を設ける。合わせて約4億5500万円を計上する。

◎地域振興中心に265憶…藤岡市
 藤岡市の新井雅博市長は13日、総額が前年度比2.9%増の265億9000万円となる2020年度一般会計当初予算案を発表した。4年ぶりの増額。防災対策のほか、地域振興や子育て支援などに幅広く配分した。

 防災面では、災害時でもエネルギー供給を可能にするため、小中学校や公民館などに太陽光発電装置と蓄電池を整備し、避難所の機能を強化する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事