「踏み込んだ施策を」 女性議員増へ前橋で講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性の政治参画の課題を指摘する内藤さん

 政治分野の女性参画をテーマにした公開講座が16日、前橋市のぐんま男女共同参画センターで開かれた。元群馬パース大教授で、岩手大男女共同参画推進室特任研究員の内藤和美さんが講演し、女性議員の割合を高めるため「一歩踏み込んだ施策が必要」と訴えた。

 「政治分野の男女共同参画推進法」が2018年5月に施行され、政党は選挙の候補者数をできる限り男女均等とするよう定められた。ただ、昨年の統一地方選では、県内の女性の立候補数は伸び悩んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事