ガソリン 14週ぶり値下がり 下げ幅、全国最大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省資源エネルギー庁は6日、群馬県内のレギュラーガソリンの平均小売価格(4日現在)が、1リットル当たり前週比70銭安の141円10銭だったと発表した。値下がりは14週ぶりで、全国で最も大きな下げ幅となった。

 全国は30銭高の141円40銭で12週連続の値上がり。32都道府県で値上がりし、9県が横ばい、6県で値下がりした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事