取材力で原稿に深み 板倉町広報編集委員らに講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 教育に新聞を活用するNIEの一環で、上毛新聞社の出前講座が6日、群馬県板倉町東部公民館で開かれた。町広報の編集委員ら11人が新聞制作の流れや取材の心得を学んだ=写真

 編集局NIE担当の子安悟記者が自身の経験を元に記事に必要な要素や文章の広げ方を紹介。各界で活躍する町出身者らを町広報で紹介する委員らに対し「たくさんの要素を取材することで深みのある原稿が書ける」とアドバイスした。

 編集委員長の宮田毅さん(65)は「プロから取材のポイントを聞き、表現の仕方や目の付け所が参考になった」と話した。

***
 上毛新聞社は出前授業や講座を受講する学校を募集しています。問い合わせはNIE担当(027・254・9933)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事