文化センター周辺の住宅団地 全エリアを販売へ 玉村町
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
玉村町文化センター西側の第2分譲地

 人口減少対策として、群馬県玉村町は町文化センター周辺の住宅団地「虹色のマチ TAMAMURA」(同町福島、下新田)第2分譲地の造成を終え、段階的に全エリアを分譲する。

 町不動産業者協同組合と住宅メーカー、トヨタウッドユーホーム(宇都宮市)が販売し、第1分譲地を含む全236区画のうち、1日時点で88区画が分譲済み。第2分譲地の一部も先行販売している。未販売区画は今後、段階的に販売を予定している。建て売りは2900万~3200万円ほど。
 造成工事は2016年から2期に分けて実施し、面積は約8万4000平方メートル。国道354号の南側で、高崎玉村スマートインターチェンジまで約2.5キロと交通網が充実している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事