H&MやT-falが県内初出店 イオン高崎が27日改装オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 イオンモール(千葉市)は31日、大規模改修中のイオンモール高崎(群馬県高崎市棟高町)について、4月27日にリニューアルオープンすると発表した。2006年の開業以来、初めて増床する。専門店エリアは40店増の210店舗となり、このうち106店が新規出店か改装となる。県内の食や子育て世代向けスペースを充実させ、さらなる集客を目指す。

 「ミライを紡ぐ次世代モールへ」をコンセプトに、家族3世代で楽しめる空間を展開。ファストファッションの「H&M」やキッチン用品の「T-falストア」など24店が群馬初出店で、関東初出店も3店ある。

 3階のフードコートは、子ども席のあるファミリーゾーンと木目調の内装で統一した大人ゾーンに分け、300席増やし約1000席を用意。同階には天然木を使用した幼児向けの遊び場も新設する。

 館内に健康増進に活用できるウオーキングコースを設置。歩行速度や姿勢をカメラで確認できるブースを新設する。

 イオンリテール(千葉市)運営の総合スーパー、イオンスタイル高崎も刷新。本県産品コーナーを作り、「御菓子司 微笑庵」(高崎市)の和菓子やB級グルメなど約250品目を並べる。

 モールの増床面積は3万5000平方メートルで、駐車台数は約300台増の計4000台を確保。イオンモールの担当者は「地域ナンバーワンのモールにする」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事