都内への通勤を便利に 上毛電鉄がダイヤ改正発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 上毛電鉄(前橋市)は6月6日に予定するダイヤ改正で、大胡始発の下りの始発列車と、大胡止まりの上りの終電をそれぞれ中央前橋まで延伸する。東武鉄道(東京都)のダイヤ改正により、特急「りょうもう」の一部が太田から赤城まで延伸されるのを受けた措置。前橋市内から都内へ移動する際の利便性を高める。

 東武鉄道は、午前6時36分太田発浅草行きの「りょうもう」を延伸し、同6時10分赤城発とする。上毛電鉄は、これに接続する同5時40分大胡発西桐生行きの下りの始発列車を、同5時25分中央前橋発西桐生行きとする。

 また、午後10時52分西桐生発の上りの終電を大胡行きから中央前橋行きに延伸し、中央前橋着は同11時40分となる。

 上毛電鉄は「特に前橋市北部の方は使いやすくなり、仕事や観光で都内に滞在できる時間が増える」としている。

 問い合わせは同社(電話027-231-3597)へ。

◎学校再開受け来月1日めどに通常運行へ 上信電鉄
 新型コロナウイルス感染拡大防止のために実施している計画運休について、上信電鉄(高崎市鶴見町、木内幸一社長)は19日、6月1日をめどに解除し、通常ダイヤによる運行を再開する見通しだと発表した。

 1日に県立学校を段階的に再開するとしている県の方針を受けた対応。同社は今月11日から、通常ダイヤから上下線各8本を減らして運行している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事