県議会 議長に萩原渉氏 副議長は岸善一郎氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
議長に就任した萩原渉氏(左)と、副議長に就任した岸善一郎氏(右)

 群馬県議会第2回定例会は22日開会し、正副議長選で議長に萩原渉氏(66)=4期、吾妻郡区、副議長に岸善一郎氏(70)=3期、高崎市区=を選出した。会派はともに自民党。

 103億9500万円を増額し総額7720億1800万円とする本年度一般会計補正予算案など13議案が提出された。特別委員会は昨年度から継続の「総合計画」に加え、新たに「行財政改革」「危機管理対策」「外国人との共生・共創」の設置を決めた。

 議会選出の県監査委員に、いずれも自民党の井田泉氏(57)=4期、佐波郡区、臂泰雄氏(67)=3期、伊勢崎市区=を選任する人事案に同意した。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事