感謝の言葉「ありがとう」をどら焼きに 清月堂が2種発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルスの感染収束を願い、群馬県の旅がらす本舗清月堂(前橋市新堀町、糸井義一社長)は、「がんばろう」「ありがとう」の焼き印をしたどら焼きを発売した=写真。新型コロナ感染拡大防止のため自粛生活などが続く中、同社は「平穏な日が訪れるよう県民が力を合わせている。頑張る人へ感謝が伝わるような商品になれば」としている。

 粒あんを包む生地は、県産小麦粉を使用。2種の焼き印は、この商品のために製造し、商品一つ一つに手作業で刻印する。県産素材にこだわった同社の商品開発企画「旅がらすふるさとシリーズ」の第3弾と位置付ける。

 1個100円。本社内の直売所、高崎小鳥町店(高崎市下小鳥町)で販売している。今後はスーパーマーケットでの取り扱いを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事