休業要請 全業種で解除 30日から県 警戒度2に 学校も再開へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 

 新型コロナウイルス感染症対策で、群馬県は28日、対策本部会議を開き、県指針に基づく警戒度を30日午前0時に現状の3から2に引き下げることを正式に決めた。社会経済活動の制限が大幅に緩和される。群馬県への緊急事態宣言に伴う4月18日の休業要請後、1カ月半ぶりに全業種で要請が解除され、多くの学校が週2、3日の分散登校などで、3カ月ぶりに再開する。

 山本一太知事は28日の臨時記者会見で「新規感染者数が一日平均5人以下」などとする6項目の数値条件や東京都の感染状況などが全て引き下げ基準を満たすと判断したことを説明。その上で「またもう1回規制する事態にならないように、ぜひ(3密回避などの)新しい生活様式の実践をお願いしたい」と呼び掛けた。

 警戒度2は県境を越えた移動自粛を解除する。引き下げ方針を発表した25日に自粛を継続とした北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県への移動は「不要不急の往来は自粛」に修正し、通勤や通学などは可能とした。

 25日に解除の判断を保留した観光については、政府方針を踏まえて6月18日までは県境を越えない範囲内とし、県境をまたぐ観光は同19日から徐々に再開するように求めた。全面解除は8月1日からとした。

 イベントも警戒度2への移行に伴い、参加人数の上限を50人に引き上げる。ただ、屋内開催の場合は過密を避けるため、参加人数を会場の収容定員の半分以下とすることを求めた。合わせて警戒度1への移行後は参加人数の上限を1000人、5000人、上限なしと徐々に緩和することも示した。

 一方、2に移行後も感染時の重症化リスクがある高齢者や基礎疾患を持つ人は引き続き生活に必要な外出以外の自粛を求め、高齢者施設や病院での面会禁止を継続する。学校再開後も部活は自粛とする。

 4段階の警戒度は2週間続けて基準を満たした場合、1段階ずつ引き下げる仕組み。警戒度1への引き下げは6月13日ごろとなる見通し。

◎検査全て陰性 28日の県内
 新型コロナウイルスのPCR検査で、県は28日、県衛生環境研究所などで同日結果が判明した34件(前橋、高崎両市の検査を含む)について、いずれも陰性だったと明らかにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事