密集回避へ情報提供 JRが5段階で混雑度 県は路線バスに資金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公共交通機関での密集を回避する動きが出始めている。JR東日本高崎支社は24日から、両毛線など群馬県内を通る五つの線で、朝の通勤・通学の時間帯について混雑情報を公表。利用客に混雑を避けた乗車を促す。県は路線バスの車内密度低下に向け、増便などの実証実験の費用負担や、混雑情報発信のための設備導入費の補助に乗り出す。

 JR東日本高崎支社によると、混雑情報を提供するのは両毛線のほか、上越、吾妻、信越、八高の各線。同支社のホームページに掲載し、スマートフォンなどインターネットに接続可能な端末から確認してもらう。高崎、渋川、桐生の3駅いずれかを午前6~9時に発着する58本の列車が対象。県外区間で混雑状況を測っている高崎線や八高線のワンマン列車は除いた。

 「座席に余裕がある」「座席に座れる程度」「少し距離を取って立てる程度」「肩が触れ合う程度」「かなり混み合っている」の5段階に混雑度を区分。前週の月曜から金曜に車掌が確認した混雑具合の平均を掲載する。更新は週に1度、水曜を予定する。

 県は路線バス事業者の実証実験や情報発信を資金面で支援する。国の2次補正予算と連動させ、事業者が負担する経費を県が全額補助する。事業者の持ち出しをなくすことで対策を取りやすいようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事