5~6月 県内宿泊施設の80% 予約が9割以上減 群馬経済研調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
観光客がまばらだった草津温泉の湯畑周辺=4月18日

 群馬経済研究所は30日、新型コロナウイルスの感染拡大で、観光利用を中心とする県内ホテル・旅館の80.6%で5~6月の予約数が前年同期比で9割以上減少したとする調査結果を発表した。ビジネス客を中心とする施設では79.5%が「5割以上減少」と回答。旅行・出張控えで宿泊施設利用者が激減しており、同研究所は行政などの継続的な支援が必要と分析している。

 5月上旬~中旬に県内566施設にアンケートを配布、201施設(回収率36.2%)から回答を得た。観光客が5割以上を占める施設を「観光中心」、5割未満を「ビジネス中心」として実態をまとめた。

 4月の宿泊客数が前年同月比で減少したとする施設は全体の99.5%に上った。9割以上落ち込んだのは、観光中心施設の51%、ビジネス中心施設の24.4%。66.9%の観光中心施設と26.2%のビジネス中心施設では、4月の客室稼働率が10%未満だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事