感染防止策実施 現場に認定書 県建設業協会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
県建設業協会が新たに作成した認定書とチェックリスト

 新型コロナウイルス感染症対策で、県建設業協会(青柳剛会長)は3日、積極的に取り組んでいる現場に認定書を配布すると発表した。業界として対策の意識をさらに高め、維持するのが目的。

 職場の環境・衛生の向上を図り、協会が毎年行う「環境すみずみパトロール」のチェック項目に、新型コロナ対策の20項目を新たに加えた。10月まで県内12支部ごとに、加盟企業の女性社員がパトロール隊員として対策を確認、指導する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事