サンデンHDが債権者会議 債務の返済を一時停止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 私的整理の一種「事業再生ADR」で経営再建を目指す自動車部品製造のサンデンホールディングス(HD、群馬県伊勢崎市寿町、西勝也社長)は14日、都内で開かれた第1回債権者会議で、全取引金融機関から借入金約800億円の返済について一時停止の同意を得たと発表した。停止期限は債権者会議の終了まで。

 みずほ銀行(東京都千代田区)と群馬銀行(前橋市)から再建までのつなぎ融資として、計80億円規模の資金支援を受けることも決まった。

 サンデンHDは事業を続けながら、資本業務提携などを視野にスポンサー企業を探し、年末までに事業再生計画を策定する。2回目以降の債権者会議は11月6日と12月11日に開催される予定で、12月中の終結を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事