ヨゲンノトリに収束願う 桐生・星野木工所が新作2品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2種類の「コロコロヨゲン鳥」(下)と「キツツキノッカー」

 新型コロナウイルスの収束を願い、星野木工所(桐生市相生町、星野高生社長)は、疫病に御利益があるとされる鳥「ヨゲンノトリ」をモチーフに木工品を製作した。

 ヨゲンノトリは山梨県立博物館(山梨県笛吹市)所蔵の江戸末期の資料に登場する、黒色と白色の二つの頭を持つ不思議な鳥。疫病の流行を予言し、自分の姿を朝夕拝めば難を逃れられると話したとされる。同館がツイッターで紹介し、話題となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事