紫色のそばを新名物に たんばらラベンダーパークが今季から発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県のたんばらラベンダーパーク(沼田市玉原高原)内のレストランに、紫色の麺が特徴の「ラベンダーそば」=写真=が今シーズンから登場し、新名物として人気を集めている。

 ラベンダーの粉末を練り込んで鮮やかな色に仕上げた。芳香剤のイメージがあり、食べ物としては敬遠されがちな香りの生かし方に注力。すするとほのかな香りを感じられる。つゆは透き通った白だしを使っているため、麺の色が映える。1杯1000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事