ドライブスルーで葬儀参列 ライフシステムが順次展開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライブスルーによる葬儀の参列

 冠婚葬祭業のライフシステム(群馬県高崎市問屋町、小泉進社長)は、乗車したまま参列できるドライブスルー形式の葬儀の運用を始めた。新型コロナウイルスへの感染を心配して参列を諦める人もいることから、不安をなくそうと導入した。

 7月中旬から同社が運営するセレモニーホールの日典ラサで順次展開している。車が横付けできる場所に祭壇を設置。係員から盆に載せた香炉などを受け取り、車内で焼香や記帳をする。一連の儀式は1台2~3分程度という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事