SLと群馬の名産品がデザイン OJICOとJR高崎支社がコラボTシャツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月上旬に発売するコラボレーションTシャツ

 JR東日本高崎支社(群馬県高崎市栄町)は、Tシャツブランド「OJICO」と「SLぐんま」のコラボレーションTシャツを発売すると発表した。群馬県の名物をあしらったデザインで、1500枚限定。10月上旬発売予定。

 同ブランドを展開するチャンネルアッシュ(金沢市)との共同製作。SLぐんまとして運行している蒸気機関車(SL)「D51 498号機」が前面から背面にかけて描かれ、車両を囲むように焼きまんじゅうや埴輪はにわ、下仁田ネギやキャベツなどが配置されている。

 同社はこれまでも私鉄などとのコラボレーションTシャツを規格販売している。

 色はグレーで、大人用、子ども用計10サイズを展開し3960円から。高崎駅構内の土産物店「群馬いろは」やSLぐんまの車内販売、インターネットなどで購入できる。

 同支社は「群馬の名物が大集合の楽しいデザインになった」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事