自民総裁選 群馬県連は菅氏に2票、石破氏に1票投じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 自民党総裁選で割り当てられた地方票3票について、群馬県連は14日、予備選の結果を踏まえ、2票を菅義偉氏に、1票を石破茂氏に投票したと明らかにした。予備選で菅氏が6割近くを獲得し、石破氏も一定の支持を集めた。

 県連によると、予備選は13日に開票。候補者別の得票数は菅氏9918票、石破氏6361票、岸田文雄氏808票だった。有権者は県連の党員・党友の2万8986人で、投票率は59.10%だった。3票の投票先は、予備選での得票数に応じて配分する「ドント方式」によって決めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事