切り株型椅子でアウトドア気分 PLM発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
切り株型の椅子をPRする浅海社長

 プラスチック製造加工のピーエルエム(桐生市境野町、浅海拓郎社長)は18日、樹木の切り株を模した塩化ビニール製の椅子「KIRIKABU(キリカブ)」を発売する。自宅でアウトドア気分を楽しめるインテリアとして売り込む。

 座面25~27センチ、底面38センチ、高さ22.4センチの円すい台で、重さは約2キロ。ヒーローや怪獣をかたどったフィギュアの素材「ソフトビニール」で切り株を再現した。柔らかい触り心地で、持ち運びや掃除も簡単。体重120キロの人まで座れる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事