甘楽・富田製麺 揚げ麺 少林山とコラボ 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
少林山達磨寺限定、カレー味の「menmen」

 富田製麺(群馬県甘楽町小幡)は、製麺時の切れ端を油で揚げた「menmen」の、少林山達磨寺(高崎市)仕様を発売した。だるまがインドに関係していることからカレー味にした。50グラムで400円。寺の売店で買える。

 菊池崇寛社長(30)が、子どもの頃から寺に出掛けていることなどが縁で実現した。新型コロナウイルスの感染拡大で開発が遅れていたが、ようやく販売にこぎ着けた。菊池さんは「限定品をぜひ味わってほしい」と話す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事