一般質問を字幕表示 県議会が実証実験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 聴覚障害者らが傍聴しやすい環境を整えるため、群馬県議会は開会中の第3回前期定例会で、一般質問(25、28、30日)のやりとりを即時に文字に変換し、モニターなどに表示する実証実験を行う。当事者らの声を踏まえ、議会基本条例推進委員会で本格導入の可能性を探る。

 実験では傍聴席にモニターを設け、聴覚障害者団体や議員に試聴してもらう。インターネット中継でも専用サイトで希望する聴覚障害者に字幕付き映像を配信する。変換の精度や利用しやすさなどついて意見を聞き、本格的な運用を検討する際の参考にする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事