伊勢崎市長選 市議の栗原真耶氏が出馬の意向固める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栗原真耶氏

 任期満了に伴う群馬県の伊勢崎市長選(来年1月10日告示、17日投開票)で、市議の栗原真耶氏(36)=境上武士、2期=が出馬の意向を固めたことが22日、分かった。支持者らに意思を伝えている。状況が整い次第、正式表明する。市長選を巡っては、現職の五十嵐清隆氏(68)=上蓮町=が4選を目指して立候補することを表明しており、2009年以来12年ぶりの選挙戦となる見通し。

 栗原氏は上毛新聞の取材に「時代に合わせた施策が行われておらず、危機感を抱いた。市民の声に寄り添った市政に変えたい」と語った。児童生徒が1人1台のパソコンを使える環境の早期実現などを訴える。栗原氏は17年の市議補選で初当選、翌18年の市議選で再選した。現在、市議会経済市民常任委の委員長を務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事