メニューで名選手の功績PR 清水善造テニスコートにカフェ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「善造BGビーフカレー」(手前)など、清水にちなんだ料理を提供する

 群馬県高崎市箕郷町出身のテニス選手の名前を冠した「清水善造メモリアルテニスコート」(同市井出町)のクラブハウス2階に、「カフェぜんぶうまいぞう」がオープンした。1920年に日本人で初めてウィンブルドン選手権に出場した清水の功績をPRしようと、独自メニューを提供し、ゆかりの品を展示している。

 オーナーの高木香保さん(45)は「善造さんは貧しい農家に生まれながら世界で活躍した努力家。もっと多くの人に知ってほしい」と熱を込める。

 メニューは清水の功績にちなんで考案した。テニスボールに見立てた南部せんべいを添えた「善造BG(ベンガル)ビーフカレー」(500円)は、インド・ベンガル州選手権5連覇の偉業達成にちなんだもの。ほかに4種類の具を円形に巻いた「善造WD(ウィンブルドン)ロールサンドウィッチ」(同)、フェアトレードの豆を使ったコーヒー(手作りクッキー付き、300円)などがある。いずれも「清水の優しい人柄と、フェアプレー精神をイメージした」(高木さん)という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事