「引き続きサポート」 ザスパ新体制で大沢知事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーJ3に降格するザスパクサツ群馬について、大沢正明知事は28日の記者会見で、運営する草津温泉フットボールクラブ(草津町)の新体制が固まったことを踏まえ、「新体制でしっかり取り組むと聞いている。県としても引き続きサポートはしていきたい」と述べた。県はこれまで、ホームとなる正田醤油スタジアム群馬(県営陸上競技場)の改修や使用料減免といった支援をしている。

 2017年最後の会見に当たり、大沢知事は「今年は上野三碑の『世界の記憶』への登録などがあった。群馬の魅力や可能性が飛躍していくための準備が進んだ」と1年を振り返った。新年に向け、「来年は障害者の就労支援や若者のUターン支援、農畜産物の海外販路の開拓などに取り組んでいく」と抱負を語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事